ハードウェアによるセキュアプロトコル通信

 

TCPオフロードエンジンと暗号化エンジンの統合により、SSL/TLSにおける暗号化や認証・署名に必要な演算処理をハードウェア処理でオフロードします。

これにより、レコードレイヤの処理は完全にハードウェアオフロードされるため、ユーザアプリケーションはセキュアに送受信したいデータを用意するだけで、CPUの負荷を圧倒的に低減します。

また、端末とネットワークの間で、パケットのTLS化やトンネリングをハードウェアに処理させることによって、通信のセキュア化やVPNを高性能・低遅延に実現します。

 

高性能・低遅延なセキュア通信をHWが肩代わりし、消費電力削減にも貢献

暗号エンジンが統合されたPTU(TLS拡張)を使えば、SSL/TLSにおけるデータ送受信処理が、フルハードウェアで完結します。
暗号化用に専用のHWを使った場合でも、通常のシステムでは暗号化前後でのメモリ転送が発生します。TCP/IPのプロトコルスタックが分離されているからです(左図)。
しかし、Intellectual HighwayのTLS拡張されたPTUを使えば、暗号化のデータや、TLSプロトコルに必要なデータの余分なメモリ転送が発生しません(右図)。そのため、高性能で低遅延なセキュア通信を実現します。

TLS_SW
TLS_PTU

適用事例

TLS Proxy (HTTPS Proxy)

Proxyサーバーとして、クライアントマシンの平文通信(例えばHTTP)を、セキュアプロトコル(例えばHTTPS)にHWによって確実にセキュア化します。クライアントマシンにおける、HTTPS暗号化処理の負荷が低減されると同時に、外部への通信が確実に暗号通信化され、セキュリティを強化することが出来ます。イントラネット内部は平文なのでセキュリティ管理も容易です。

HTTPS_Proxy


クライアントからのHTTPによるアクセスを、FPGA上のPTUでHTTPSに変換し、サーバー間の通信をTLS通信に置き換えるデモです。キャプチャしたログでは、通信がTLS化されていることが分かります。

仕様一覧

SSL/TLS

バージョン: TLS1.2
データ暗号化:AES128, AES192, AES256
メッセージ認証:GCM, SHA2
鍵交換:RSA, Diffie-Hellman

性能

スループット: 最大25Gbps(暗号化エンジン数, 同時セッション数による)

対応デバイス

Intel, Xilinx
Intel PAC, Xilinx Alveoシリーズにも対応